急性感染症

一般内科で対応してくれる病気として急性感染症があります。これは風邪やインフルエンザなどのことです。発病や進行が急な感染症のことを急性感染症といいます。こちらは一過性の感染症であり、自分の免疫力によって排除することができます。しかし、体調が悪くなってしまうと不安になるでしょう。そのため、一般内科を受診することが多いのです。

急性感染症基本的に対症療法が行われることが多いです。風邪やインフルエンザなどは自然治癒力によって完治することができるからです。それでも高熱が出てしまったり、頭痛や寒気がする場合には薬を処方してもらい、症状を和らげることになる場合が多いでしょう。

また、急性感染症になったとしても、それが何に由来しているものなのか自分で判断することは難しいです。風邪によく似ているけれども実は大きな病気だったというケースもあるからです。そのため、念のため一般内科で診断してもらうことになるでしょう。たとえば症状が長引いている場合には風邪やインフルエンザ以外の症状も考えられるため、そのときには必ず一般内科を受診するべきでしょう。

インフルエンザの予防のためにワクチン接種をすることもできます。高齢者や体が弱い方だけではなくて、仕事を休めない方も接種しておくと良いでしょう。